Event is FINISHED

【関の工場参観日-ものづくり現場での新しい働き方を知る-】

Description



岐阜県関市で毎年開催される「関の工場参観日」。
これは、関市内を中心とした40社以上の工場の見学ができたり、ワークショップができたりする、工場体験のイベントです。

その関の工場参観日の参加企業、実行委員のメンバーとして活躍されている、アイアン家具の製造メーカー「株式会社杉山製作所」さん。
社長の島田亜由美さんをお迎えして、「工場での新しい、自分らしい働き方」についてお聞きします。
モデレーターは、その杉山製作所で7年間勤めたことのある、オゼキカナコです。
関市内の工場でもチャレンジをし続ける新しい感覚を持つ杉山製作所さんに、工場ってぶっちゃけ今どんな感じなの?を聞き出します!

工場での新しい働き方ってなんでしょう?
工場でも好きな仕事ができるのかな?
ものづくりの現場って実際どんな感じ?

地域でのものづくりの現場や、自分らしい働き方が気になる方、ぜひ気軽にご参加ください。
そして岐阜に来て、関の工場参観日に参加してみよう!






-------------------



《開催・日時》

2019年10月26日(土)

19:00 開場・受付

19:30 トークイベント開始・質疑応答

21:00 終了 

21:30 閉店


《会場》
岐阜ホール
東京都台東区上野桜木1-4-5-2F


《参加費》
無料(カフェのため1drinkオーダーをお願いいたします)


《定員》
30名


《お問い合わせ》
当日:03-5834-8046(岐阜ホール)
事前:長月LINE
お電話 058-259-3055
(担当:長月/オゼキカナコ)


***



《ゲスト》




株式会社杉山製作所
代表取締役 島田亜由美

アイアン家具・店舗什器などのアイアン製品の企画・製造販売。
「誇りを持てるモノづくり」「人々の暮らしの中で生きるモノづくり」を、経営方針とし、愛着を持って長く使えるものづくりをしている。
関の工場参観日には初回から参加し、企画にも関わる実行委員の一人。

父の代の自動車部品工場(下請け)から、オリジナル商品を中心としたアイアン家具の企画製造販売へ、ドラスティックな変化を遂げる。
社内改革を行いながら、新しいものづくりの現場のあり方、個性に合わせた働き方を常に模索。
先進的な立場で地域のものづくりを動かしていく。

テツクリテTwitter / Instagram
鉄家具 Instagram



 
《モデレーター》




オゼキカナコ

ライフスタイルショップ「長月」オーナー
一般社団法人かかみがはら暮らし委員会 理事

お店をやりながら、コミュニティや暮らしを楽しくする活動をしています。
興味のある分野は、ミニマルな暮らし、テクノロジー、野食、社会的マイノリティのための活動など。

インテリアコーディネーター→アイアン家具の企画・営業(杉山製作所)→ライフスタイルショップ運営
杉山製作所勤務時は、自らマニュアルの軽トラに乗って塗装工場を行き来し、バリ取りや梱包作業もこなす。
それを経て、家具の企画や設計、営業などに携わり、ものづくりの流れを学んだ。
この頃学んだことは、今でもずっと役に立っている。

Twitter
note
Instagram


《主催》
関の工場参観日 実行委員会




<会場はこんなとこ>

岐阜ホール

岐阜のアンテナショップとして、普段はカジュアルなカフェとして営業。
お菓子や雑貨など「岐阜の良いもの」も販売。
トークイベントやワークショップなど、イベントもできるスペースです。

住所:東京都台東区上野桜木1-4-5-2F
営業時間:13:00~19:00(変動あり)
定休日:月・火曜

Twitter
Instagram

JR上野駅下車 公園口から徒歩12分
JR鶯谷駅 北口から徒歩10分

青いラインの入った建物で、1階は設計事務所さん。
向かって左側の横の階段を登って、2階が岐阜ホールです。




***



杉山製作所さんは、かつて自動車部品を作る下請け工場でした。
下請けだけでは先行きが困難ではないか・・・

そこから、アイアン家具や什器を作る会社に大胆に舵を切り、スタッフも年々増え、現在に至ります。





実はモデレーターである私、オゼキカナコは、かつてここ杉山製作所で企画営業として働いていたことがあります。

インテリアコーディネーターとして華やかな世界で活動していた過去から、突然工場勤務に。
工場でバリ取りしたり塗装工場へ運搬したり出荷の手伝いをしたり、、、初めは正直、汚れるし体力使うし工場"なんか"で働きたくないな・・・なんて思っている時期もありました。

やがてスタッフも増え、兼任作業がもう少し担当別になり、企画や営業に専念できるようになった頃。
自分で仕事をとり、提案をして、図面を描いて、それが実際に商品になり、お客様のもとに届けるまで・・・一貫して管理できるようになりました。
それは楽しくやりがいのある体験でした。

そうやって、自分のやってみたいことが会社の役割としてもマッチし、自分らしく働くことができたことはとても感謝しています。
やがて、環境の変化により会社を辞め、のちに自分でお店を運営するようになったのですが、この時学んだことは今でもかなり活かされています。




工場と聞くと、職人さんや作業員さんを思う浮かべる方も多いかもしれませんね。
でも、企画、営業、デザイン、事務、梱包出荷、などなど、実際に工場内で作業する以外の役割もたくさんあります。

きちんと規則正しく几帳面に作業をするのが向いている方。
いろんな場所に飛び回り、たくさんのお客様と話をするのが好きな方。
工場といっても、いろんな仕事があり、それぞれが自分たちなりに工夫し、全体で高め合っていくスタイル。
杉山製作所は、スタッフの成長こそが会社の成長と言います。

そんな杉山製作所さんでは、実際にどんな働き方しているのでしょうか?
会社としての工夫や、自分らしく働く方法など、杉山製作所さんの事例をもとにお話を聞きたいと思います。






また、そんな杉山製作所さんも参加している「関の工場参観日」が11月14日〜16日まで開催されます。
関の工場を見学したり、ワークショップに参加したりしながら、関の工場の魅力を発見するイベントです。

工場の実際の現場を見て、知らなかったことを知り、ものづくりの面白さを感じて欲しい。
岐阜や地域の産業に興味を持たれた方は、ぜひ関の工場参観日をきっかけに岐阜へ遊びに来てくださいね。

きっと、このトークイベントを聞いた後は、工場の見え方も少し変わっているはずです。


***






【関の工場参観日2019】
開催日:11月14日(木)、15日(金)、16日(土)
時間:9:00〜17:00(工場により異なります)
会場:関市内を中心とした参加工場・アピセ関(インフォメーション・イベント会場)

関の工場参観日 公式サイト:http://kojosankanbi.jp/
工場見学、ワークショップなどのご予約:公式サイトから10月17日開始予定!

<概要>

工場参観日とは、関市内を中心とした工場に、実際に見学に行ったり、ワークショップなどをしたりできる、工場を体験できるイベントです。
いつも私たちが使っている「もの」が生まれる現場は、こんな風になっているのか!と、驚きや感動、楽しさが待っています。
ぜひ知的好奇心を満たすために、「ものづくりの現場」を見に来てください。

また、インフォメーション会場であるアピセ関では、3日間様々なワークショップを行ったり、工場見学バスツアーの発着場にもなっています。

さらに、16日(土)は、ものづくりや地域の産業に関わるトークイベント、関の良いものを集めたSSS(関セレクトストア)の出店、飲食のマルシェなども開催しますよ。

工場見学と合わせて、関を丸ごと楽しみましょう!


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#481669 2019-10-09 07:43:23
More updates
Sat Oct 26, 2019
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加無料(1drinkオーダーをお願いします) FULL
Venue Address
台東区上野桜木1丁目4−5 2F Japan
Organizer
岐阜ホール
188 Followers